五十路街道を行く

アラフィフミセスのお一人様活動日記

辞めてスッキリ大人の習い事

@東京西の方、再び雪が積もりました。


幾つか掛け持ちしていた習い事のうち二つほど、昨年末断捨離しました。


定番の介護とか体調不良とかでしばらく行けませんと、最後のお月謝をお支払いしたうえで講師に連絡。


その後様子伺いのメールが講師やら主的な生徒さんから何度か届きましたが、年が明けてしばらくしてからは連絡は来なくなりました。


それで今の気持ちはぶっちゃけスッキリしています。


習い事や辞める時って結構ココロの葛藤があったりもするんですよね。
辞めたら負けなんじゃないか~ とか
講師はいい人だったりもするので、裏切り??とか
あと、ちょっと仲良くしていてLINEグループとか入ってしまっている生徒さんとの関係とかね。


けどなんでも自分にとっての旬ってものがあって、旬が過ぎて自分なりに完結したら道半ばだろうがなんだろうが卒業でいいと思います。


お教室では「根性のある人じゃないと続かないよね」的な雰囲気がありましたが、20年位続いている人と話してみると、講師への不満だったり生徒どうしのマウント合戦だったりが多々あり、これもこれで「変わる勇気がなかった人たち」にも見えるんですよね。


そして辞めて2か月ほどたった今は、ほとんどお教室の事思い出す事もないのですが
そういえば辞めたんだっけ~?とちらっと頭をかすめた時気づいたことは、旬が過ぎたお稽古事って結構ストレスだったんだなぁってことですね(笑)


継続は力なりですが、継続すること自体が目的となってしまっている場合は、新しいことのスタートラインと言えるかもしれません。