五十路街道を行く

アラフィフミセスのお一人様活動日記

意外と日常よくあること

ちょっと暖かくなってきたけれど雨が降っていますね。


ご近所の高齢女性の方に預けている縫物は、祖母と母が仕立てた着物。
このうち2着ほどがあちらの手中にあるのです。


私の懸念していることは、関係をこじらせてこれが戻ってこなかったらどうしようかという事。
この方の性格からして、そういった小意地悪な事はやりそうなんですね。


けどね、この事で悩んで日々の生活が曇るようでは祖母と母も決して喜ばない。
私の家族もね!


年内に戻らなかったらはっきり返却を求めるけれど、この着物の事はやはり一旦忘れて明るい気持ちで日々を送りましょう。


んな事をここにアウトプットして、今日はこれからヘアケアとメイクの後家事をしたらランチしてきます!


些細な事で気を煩わすって意外と日常よくある事だけど、ここをクリアすると人生も大きく変わってくるのでしょうね!