五十路街道を行く

アラフィフミセスのお一人様活動日記

例え心の中でも近づかない

さてさて着物の整理、断捨離効果なのでしょうかポロポロ気持ちのほころびが見えてきます。


私が一生会う事がないと言っているのは主に中学の同級生なのですが、疎遠も何も以前から3名くらいの人以外は殆ど会っていなかったのですね。


ですがFBが普及して同窓会的な集まりが発足して、その同窓会的集まりの中心的な人物とひと悶着あったためにそこから自分が外れているという事なんです。


で、FBは友達とかになっていなくても、誰かのいいね!とか友達かも~とかで出て来てしまうので、どうしてもその度に思い出さなくていい事が蘇ってモヤっとするんですねぇ。


もし次にこの人たちと会ったら、何を話そうかとかが心ん中で始まる・・
そう、会わなくていいはずの人と心の中で対話しちゃうんです(笑)
つまり妄想ですよね。


自分を嫌な気持ちにさせていたのは、全部妄想だった!!


FBは今はあまり見なくなったのですが、近況を知りたい友達もいるので退会はしません。
見るときは、なんか出てきても気にしない!って心に留めてから覗くようにするわ・・


そして着物をたたみながら思った。


私は今までたくさんの苦労をしょって働いて生きてきたけれど、もうそこからは解放されて、こうして着物や趣味や好きなことをやって暮らせる身分になった。


なのに主にネットを介してせっかくの幸せの時間なのに過去の事に引きずられて苦々しい思いをわざわざしてしまっている。


私の暗黒期を知っている人たちともう付き合わなくていいわけで、そしてその人たちに私が幸せな暮らしを送っている事を伝える必要はないのだ。
なぜなら・・彼らは幸せな私はあまり見たくなさそうなので。(多分)


てか、よーく考えたらこの人達と疎遠になる前から随分無理して付き合っていたんじゃないかしらね、私(笑)


いや笑える。
もともとただ同級生だったっていうくくりでのお付き合いで、もう卒業して30数年たっているのに、いまだにそこにひっぱられてるなんて。
さらに、せっかく疎遠になっているのに、自分から心の中で会いに行っちゃう私。
要するに一人でやってる状態(笑)


あーあー。
頭ん中暇すぎだよ私。


断捨離しながら気持ちの整理整頓は続きます。